ウェディングプランナーの給料や、週1から目指せるウェディングプランナー資格の取り方を公開中!

バンタンデザイン研究所
↑↑↑
週1回からの授業でウェディングプランナーを目指せる!無料資料請求受付中

就職する前に体験を!

ウェディングプランナーの勤務先は、主にホテル、専門結婚式場、ゲストハウス、ウェディング対応をしているレストランなどです。
最近では、ブライダルプロデュース会社で仕事をしているウェディングプランナーも増えてきています。

ウェディングプランナーの仕事に、契約社員や正社員として就職する前に、ウェディングプランナーのアシスタントのアルバイトをしてみるという人も多いようです。
アルバイトとして現場で働く中、ウェディングプランナーの仕事がどのようなものなのか少しずつ理解できます。

インターン制度やアルバイトは、ウェディングプランナーになることにまだ迷いがあり、現場を知ってから考えたいという人におすすめの道です。
仕事の大変さを身をもって実感し、それでもウェディングプランナーになりたいと思えたら、ウェディングプランナーは適職だと思います。

中途採用の場合

転職者の場合は職務経歴書が必要になります。
企業の応募書類欄に、「履歴書郵送」とだけ書かれていても必ずあいさつ文も付けることを忘れないでください。

履歴書を書く上で大切なことは、人事担当者を面接する気にさせることが重要。
そのためにも、自分の職歴や実績をじっくりと整理して、自分の価値を再点検してみましょう。

社内的なことだけでなく、社外で受けた研修・講座等も含め、様々な角度で自分自身を見つめ直しましょう。
中途採用の場合は、ウェディング業界以外の経験で自分の武器になる知識が必ずあり、それをアピールする事が大切です。

正式採用とインターン制度

ウェディングプランナーとしての正式採用以外に、インターン制度を設けている会社もあります。
ある会社の場合は、アルバイトとは異なり、土曜・日曜・祝日のみ、ウェディングプランナーのアシスタントとして現場に入ります。

土曜・日曜・祝日といっても毎回ではないので、学べることはたくさんあっても負担は少ないというメリットがあります。
フルタイムで仕事をしている人でも現場の経験ができることが、この制度のメリットです。

応募のコツとポイント

ウェディングプランナーの求人は、各学校へ企業からの求人票が送られてきています。
そして説明会などを開催しますので積極的に参加しましょう。そのとき思い切って質問などを用意しておくと印象的です。

未経験者の採用は、履歴書がものを言います。
希望の企業を何故選んだのか。企業のホームページを見てどのように感じて、採用されたら時分には企業の為に何ができるのかなど、お手紙つきで送付しましょう。

面接では、ウェディングプランナーになる為にどのような努力をし、またウェディングプランナーのお仕事をどのように捕らえているのかなど具体的に答えられるようにしておくと良いです。

ウェディングプランナーになりたい!メニュー