ウェディングプランナーの給料や、週1から目指せるウェディングプランナー資格の取り方を公開中!

バンタンデザイン研究所
↑↑↑
週1回からの授業でウェディングプランナーを目指せる!無料資料請求受付中

夢を形にする総合プロデューサー!

ウェディングプランナーの仕事をひとことで表現するなら、結婚式全般のプロデュースといえるでしょう。

ベースとなるのはお客様の希望がどんなものなのか、どんな結婚式にしたいかなどを聞き、アドバイスや提案をしながら式を作り上げていくという点で、コンサルティング的な側面が強いお仕事と言えるでしょう。

一般的には、お客様からの意見や要望を聞いて、打ち合わせや相談、演出をはじめとする結婚式の企画、各種手配などを経て、最後に当日の結婚式施行までを担当します。

結婚式をスムーズに運ぶ!

現代では、オリジナル性を結婚式に求める人たちが増えてきました。
カップルのブライダルに対するニーズは時代とともに変わってきています。

ウェディングプランナーの仕事は、「結婚する事が決まったけど何から始めていいのかわからない」というお二人に式場選びや披露宴の内容の提案、招待状作成の企画から引出物、お料理セレクト、ドレス選びまで、結婚に関する事をフルにサポートするお仕事なのです。

アドバイスや提案をしながら式を作り上げていく!

結婚式で使用する装花やドレス、満足のいく演出、安心して提供できる料理、ケーキなどウェディングを構成するすべてを、おふたりの要望をもとに一つにまとめあげていくのはウェディングプランナーの腕の見せどころ。
おふたりの夢を叶えるためには、知識とアイデア、そして何よりおふたりを思う心が大切です。

カウンセリング
どのような結婚式にしたいのか、要望やこだわりをカウンセリングします。

プランニング
漠然としたイメージから、ふたりらしいウェディングスタイルを考えます。

コーディネート
装花や装飾など会場を彩るコーディネートや演出を念入りに打ち合わせます。

打ち合わせ
料理やケーキも丁寧に打ち合わせ、ゲストの顔ぶれを考えアドバイスします。

スタイリング
ドレスやヘア&メイクの相談にのり、おふたりの希望をスタイリストに伝えます。

最終チェック
当日、ウェディングが始まる前に準備は完璧か、しっかりチェックします。

このように、新郎新婦を影で支えるのがウェディングプランナーの役割なのです。

ウェディングプランナーになりたい!メニュー