ウェディングプランナーの給料や資格の取り方を公開!

バンタンデザイン研究所
↑↑↑
週1回からの授業でウェディングプランナーを目指せる!無料資料請求受付中

ウェディングプランナーの平均年収

平均年収:350万円

就業者数:13,000人

関連資格:【ABC協会認定ブライダル・プランナー検定 】等

※ウェディングプランナーという呼び方以外に、
ブライダルコーディネーターという呼び方をされることもあります。

ウェディングプランナーとは?

ウエディングプランナーとは結婚式をプランニングし演出する仕事です。
ドレス、料理、座席の配置、花、引き出物、招待状など、結婚式に関するあらゆる事柄を新郎新婦と打ち合わせしサポートします。

2002年のドラマ「ウエディングプランナー」(ユースケ・サンタマリア、飯島直子主演)の影響でウエディングプランナーの知名度と人気が上がりました。

結婚式を迎えるにあたって新郎新婦にはたくさんの思い入れがあります。

新郎新婦の結婚式への素敵な夢を叶えてくれる頼もしいプロデューサー。
ウェディングプランナーはブライダルビジネスにとってなくてはならない存在です。

ウェディングプランナーに向いている人

ウェディングプランナーは、女性に人気がある仕事のひとつです。
未経験者でも比較的就職しやすい世界でもありますが、あこがれの職業の為、各企業への応募が殺到し競争が激化しているのが現状です。

まずは、ウェディングプランナーの仕事の最大の魅力として、お客様に喜んでいただける事が一番です。
実際、ウェディングプランナーとして活躍している多くの人は、お客様から「ありがとう」という言葉をいただけることが最大の喜びと感じているからなのです。

ウェディングプランナーは、結婚式・披露宴・パーティーなど、華やかな舞台で活躍する人気のお仕事です。
新卒10名の採用枠に1万通のエントリーが集中する人気の職業です。

ウェディングプランナーには誰でもなれるの?

ウェディングプランナーになるためには式場や専門のブライダルプロデュース会社に就職するのが一般的です。
ホテルに就職した人がホテルウェディングのプランナーとして働く場合もあります。

女性が多い職種で、中途採用が多いのもウェディングプランナーの特徴です。
採用に資格は必須ではなく、接客その他の経験などにより未経験でも採用されることもあります。

ただし、仕事柄営業職やサービス業の経験者も多く、資格があった方が圧倒的に有利な職種であると言えます。

ウェディングプランナーになりたい!メニュー